本当に必要な金額だけ借りる

自分の銀行口座からお金を引き出す時、「3万円でいいのだけれど、またATMに来るのも面倒だから5万円おろしておこう。」といったことをよくしていませんか?

結局、その2万円もなんだかよく分からないうちに使ってしまって、はたと気づいたら、すぐにまた引き出しに行くことになっていた、ということになっていないでしょうか。

普段からこんな方は、キャッシングをする時にもギリギリの金額を借りることを心がける必要があります。8万円は中途半端な気がするから10万円借りておけばいいか、と考えてしまうとキャッシングは利息がかかるわけです。

本当に今使うかどうかわからないお金のために、利息を支払うこと以上にもったいないことはないのです。

多めの限度額にしてしまうと、どうしてもお金を借り過ぎるということになりやすいのです。限度額を大きくすることは金利が低くなることも多く、メリットは確かにあるのです。

しかし、シッカリと返済計画を立ててからの借り入れをすることを心掛けないと、必要以上の金額をどんどん借りてしまい、支払わなくてもよい利息を支払うということに繋がってしまうのです。

また、急ぎでの借り入れの場合にもしも多めの金額で申し込みをしていると、収入証明書の提出を求められることもあり、審査に時間がかかってしまう可能性も出てきます。

お金を貸す側にしてみれば、確実に返せる金額を貸さなければ、経営していくことができなくなってしまうのです。

収入証明書が必要な金額は、各金融機関のローン説明などに明記されてありますが、それと同時に必要な金額以下でも提出を求めることもあります、という注意書きも見つかります。

キャッシングをしようと決めた時には、本当に自分が必要な金額をはっきりとさせておくようにしましょう。なんとなく、で決めてしまうと後々返済に大きく響いてくる可能性があります。