即日融資を希望するなら消費者金融がおすすめ!

お金が手元になく、急ぎで必要な場合にお勧めしたいのは、即日融資も可能な消費者金融の利用です。

銀行カードローンでも即日融資が行われることはありますが、審査に時間がかかること、融資方法が限られていることから考えても確実性を求めるのであれば、スピード重視の消費者金融です。

消費者金融は今では、即日融資が一般的なサービスとなっています。気をつけなければならないポイントを押さえていれば、即日融資は難しいことではありません。

そのポイントを確認しながら、今日中に借り入れをする方法を探しましょう!

プロミス

プロミス
最短1時間

インターネットでも最短で即日融資の可能性が高いばかりではなく、大手消費者金融の中では最も低い上限金利17.8%となっています。

また、30日間の無利息期間(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)も有効に活用できる仕組みが取られているため、無駄なコストを掛けずにキャッシングが出来ます。

  • 30日間無利息が借り入れ翌日から適用される
  • 審査は最短30分
  • 金利4.5%〜17.8%

三井住友銀行口座かジャパンネット銀行口座があれば迷わずプロミス

即日融資をするときに大きな心配となるのが振込キャッシングの対応時間です。
プロミスでも振込キャッシングを即時に受けるためには、平日14時までにWEB契約完了が必要となります。

ところがプロミスでは、三井住友銀行口座かジャパンネット銀行口座があれば24時間振込キャッシングを受けることができます。
自動契約機に向かうことなく、即日融資可能な時間が長くとれることが特徴です。

最も早いプロミスでの即日融資方法

プロミスのインターネット申し込みでは、本審査の結果として融資限度額が電話で連絡があります。
申し込み完了から本審査結果連絡までは最短30分となっています。
前提としてインターネット申し込みは必須です。
プロミスほどに審査結果が早くわかる消費者金融は無いでしょう。

三井住友銀行口座かジャパンネット銀行口座がある場合
そのままインターネットで契約まで進みましょう。
必要書類の提出もスマートフォンの専用アプリや、あそこんでも画像送信で行うことができます。
24時間振込キャッシングの対応がありますので、会員ページから振込口座登録後、振込キャッシングが受けられます。

その他の銀行口座の場合
平日14時までにWEB契約完了が必要で、即時振り込みの対応時間です。
その時間内に難しい時には、無理にインターネットで契約まで進めるのではなく自動契約機に向かいましょう。
全国各地にプロミスの自動契約機がありますので、公式ホームページからプロミス自動契約機の場所を確認して契約をします。
その場でカードが発行され、併設されているプロミスATMからすぐに借り入れが可能です。

  • 審査対応時間は年中無休で9時から21時
  • 三井住友銀行口座かジャパンネット銀行があれば24時間振込キャッシングが可能
  • その他の銀行口座では平日14時50分までに手続きを完了させる
  • 自動契約機営業時間は年中無休で9時から22時※一部21時もあり

プロミスのお申し込みはコチラ
 

モビット

モビット
モビット

カードレスという新しいキャッシング方法も注目されているモビットですが、従来通りカードがあるキャッシング方法もあります。
審査結果が早いこと、WEB完結を使えばインターネットだけで申し込みができるだけではなく電話連絡、郵送もないというほかにはないキャッシングです。
無利息期間は無いものの、即日融資を希望する方には心強い味方となるでしょう。

  • インターネットだけで申し込みから契約までが素早いWEB完結がある
  • 電話連絡、郵送がない
  • 金利3.0%〜18.0%
申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座があり社会保険証か組合保険証があるならモビット

インターネットだけで申し込みから契約、さらには借り入れや返済までが完結するのがモビットのWEB完結です。
カードが発行されないため、申し込み時にも自宅への郵送物はありません。
また提出する書類によっては在籍確認を電話ではなく書類確認にすることができます。

そのための条件がこちらです。
  • 三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に普通預金口座があること
  • 社会保険証か組合保険証があること
  • 収入証明書類として直近2か月分の給与明細書を提出できること

どちらかの普通預金口座が必要になるのは、振込キャッシングの受取口座、そして返済のための口座引き落としに対応しているのがこの2つの銀行というのが理由です。
また収入証明書類はほかにも対応がありますが、電話連絡なしにするためには直近2か月分の給与明細書が必要となるため、その書類だけで充分間に合います。

最も早いモビットでの即日融資方法

三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行の口座があっても振込キャッシングは24時間対応にはなりません。
平日の14時50分までに振り込み手続きが必須となります。

WEB完結で申し込みをするときには、審査が最短30分となっているものの余裕を持って正午までには申し込みを完了させていると安心でしょう。

  • 審査対応時間は年中無休で9時から21時
  • WEB完結では電話連絡も郵送もない
  • 平日14時50分までにすべての手続きを完了させる

モビットのお申し込みはコチラ
 

アコム

アコム

 

最近よくCMでも見かけるアコムは、30日間無利息が定番のサービスとなりました。
そして消費者金融業界では唯一、クレジットカードの発行もしています。
クレジットカードでもマスターカード発行機のある自動契約機を利用すれば即日に発行されることも特徴です。

 

  • 30日間無利息が契約翌日から適用される
  • インターネット申し込みでは融資までに最短1時間
  • 金利3.0%〜18.0%

 

楽天銀行口座があるならアコム

アコムでは振込キャッシングに対応していますが、通常の銀行、信用金庫では平日の14時30分まで、ゆうちょ銀行なら平日の14時までに振込キャッシングの手続きを完了させなくては即時借り入れができません。

 

ただし、インターネットで契約をして初めて借り入れをするときには三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行に限り平日の18時まで受付で当日19時までに振り込みを実施するという時間延長サービスがあります。(※2015年5月28日現在)

 

楽天銀行口座であれば24時間振込キャッシングが受け取り可能となります。
会員メニューから振込みによるお借入の申し込みを選択し、振込希望金額を入力するだけの簡単手続きです。

 

最も早いアコムでの即日融資方法

アコムのインターネット申し込みは審査時間が最短30分と一般的です。

 

ただし、時間がはっきりと決められています。
即日振込キャッシングを希望する時には14時までに必要書類の提出をしなくてはなりません。
必要書類の提出が簡単なものではありません。
FAX専用契約用紙一式をパソコンから出力するか、コンビニで取り出すことになります。
それを14時までにアコムにFAX送信をしなくてはなりません。

 

そのため、アコムで即日融資を希望する時には、インターネットで申し込みをし審査結果の待ち時間を利用して自動契約機であるむじんくんもしくは店頭窓口に移動して契約という方法が最も早くなるでしょう。

 

  • インターネット申し込みでは必要書類の提出をFAXで14時までに行う
  • 楽天銀行口座があれば24時間振込キャッシング可能
  • 三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行に限り初回振込キャッシングの時間延長がある(※2015年5月28日現在)

 

アコムのお申し込みはコチラ

 

消費者金融は金利が高いという不安

しかし消費者金融であれば金利が高いのではないか、そう考えているかもしれません。
それではここで、金利についてご説明しましょう。

 

初めてキャッシングをするときには実際の取引つまり、借りたり返したりという実績がないために上限の金利が適用されます。
○%〜△%という金利(実質年率、借入利率ともいう)が表記されています。
下限を比較したところで意味がありません。
上限金利が適用されるからです。

 

消費者金融の上限金利は大手で18.0%、若干低くなって最大手のプロミスで17.8%です。
銀行カードローンは多くの場合14.5%の上限金利となっています。
この金利で、2万円を30日間借り入れたときの利息の違いを見てみましょう。

 

  • 消費者金融金利での利息は296円
  • 銀行カードローン金利での利息は238円

 

その差はわずかに58円しかないことがわかります。
またそればかりではなく、例えばプロミスやアコムの30日間無利息を使うと、この少しばかりの利息もまた0円にすることができます。

 

金利の違いに注目する必要がない金額と、利用日数です。
どうしても即日融資を希望するときにはほかに注目していなくてはならないポイントがあるということを覚えておきましょう。

消費者金融で即日融資をするときのコツ

スピード重視でサービス豊富であることが消費者金融のポイントです。
しかしいつなんどきでも即日融資が受けられることが決まっているわけではありません。
もちろん審査があり、その審査に可決するということが大前提になりますが、ほかにも気をつけなくてはならないポイントがあります。

 

「何時までに」「どのような申し込み方法で」
この2点は必ず確認をしましょう。

 

申込みをすると審査が始まり、その審査結果が可決となれば借り入れができます。
ところが借り入れの方法も時間によっては異なりがありますので確認をしなくてはなりません。

 

何時までに

時間を気にしなくてはならないのは2つがあります。

 

  • 審査対応時間
  • 借り入れ対応時間

 

インターネットは24時間申し込みが可能とはなっているものの審査が常に行われているわけではありません。
審査の時間が決められているため、その時間を確認しましょう。
また、審査が完了し契約まで進んだとしても借り入れの方法も確認しなくてはなりません。
インターネットだけで申し込みから契約まで進めた場合には、カードが後日自宅への郵送となるため、借り入れの方法は振込キャッシング一本です。
振込キャッシングの対応時間は、多くの場合は銀行営業時間に準ずるものとなります。
消費者金融が用意する銀行口座から、利用者の口座への振り込み、これが振込キャッシングだからです。
契約が完了しても借り入れができない時間であれば選択肢を間違ったというよりありません。

 

どのような申し込み方法で

契約方法は消費者金融ではいくつか用意されています。
インターネット、自動契約機、店頭窓口、郵送、電話、多くの場合にはこの5つの選択肢があります。
郵送には時間がかかるため到底即日融資などできませんが、それ以外の方法であれば即日融資は可能です。

 

最も可能性が高いのは自動契約機や店頭窓口などの来店方法と言われていますが実は違います。

 

まずは「申し込み」と「契約」を分けて考えましょう。
来店をしてもそこで審査結果が否決となれば無駄足を踏むことになります。
インターネット申し込みの最大の特徴は、審査が早いことです。
最短30分で審査結果がわかるため、その審査結果の待ち時間も有効に活用して契約に向かいましょう。

 

スピードで選ぶならプロミス

プロミス